スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
4/22 こゆび

トップチューブに内股がガンガンぶつかってしまっていたおいら。
思い切って以前のトライアスロンシューズに履き替えてみた。
サイズ:29.2センチ。
今のDMTは親指以外が少々窮屈だった。
足の指が5本とも広げられる。
ランのように最後の加重を脚の小指から抜けるようにすると
脚が外側に向き、脚がフリーになった。
あくまで脚が下に落ちる感覚。
トップチューブにぶつからなくなった。
トライアスロン用なのでバックルの締めが甘いが、今の乗り方ならあまり関係ない。
当分はこのシューズで乗ろう。

sakana1971 | 気づき | comments(0) | - |
4/14 犬になれ

胸を張るのではなく、肩甲骨を内側に入れる。
筋肉を、呼吸と共に伸ばして緩める。
朝にブラケットが持ちずらいのは、踵から背骨までのラインが緩んでいないから。
伸ばして緩めて、筋肉というよろいをとれ!
上半身を硬直させても進みゃしない。
ヨガの【犬のポーズ】で緩ませる。

sakana1971 | 気づき | comments(0) | - |
4/7 気づき
 

出勤前で手短に。。
昨日はスペーサ下げすぎたので、てっぺんから5ミリ下げた位置に。
サドルトップからブラケットまでをシート高さの0.96かけて、72.4センチに。
シート高さを75.5センチに。
下ハンでちょうど良いポジションがでた。
ブラケット持つと、少々反ってしまう。
ブラケットのシャクリは無くしたほうがいい。

って、シート高さ以外はフレーム交換時のポジションに戻ってしまった。
あらまぁ〜、です。
sakana1971 | 気づき | comments(0) | - |
3/20 何も引かない、何も足さない。

今日のメモ。

1)丸めない、反らさない、自然な位置。

2)全てを緩めるわけではない。
  肛門に気を集める。そうしないと、気が全て逃げてしまう。
  肛門の上に骨盤と背骨が乗っかるイメージ。
  ヨガマスターからのアドバイス。
  つまりは丸めない、反らさない。
  今の感覚にぴったりです。
  この感覚がなかなか難しい。



チームメイトから了承頂いて掲載。
ダウンチューブのボリュームが半端じゃなかった。ど迫力です。
その分、トップチューブが細め。
どんな乗り味になるのだろうか。。。
またがらせて頂いた感想は。。。。100mほどでは分かりません(笑)
けど、小気味良い乗り味でした。
チームメイトが疾走する姿、楽しみです。



実は、、、おいらのチャリです。
だまっておこうと思ったのですが。。。。
フレームでこうも乗り味が変わるとは思ってもいませんでした。
あんなに苦労していたハンドル回しが軽快になりました。
フレームバランスからくるものなのでしょうか。
トップチューブが太めになったせいか、フレームに乗っかる感覚がより鮮明になりました。
ダンシングもマウンテンバイクに近い感覚に。小気味良く進みます。
BBの位置の違いからくるものなのだそうです。
その他、ハンドル&ペダル変更からくる感覚、ガラッと変わりました。

10月にフレーム購入してから、いろいろと試行錯誤してました。
その中で、まさるさんが私の感覚を感じ取って頂き、フレーム交換が最適解との事で
サイズ交換して頂くことになったのです。
今までありえない事で、正直戸惑いもありました。
こんなに甘えていいのだろうか、、、と。
乗り手の側に立って、乗り手の気持ちになって、
チャリをセッティングされる姿、感銘をうけました。
まさるさんには本当に感謝の気持ちで一杯です。
また、国内に無い580ミリサイズを取り寄せて頂いたU田川さんにも感謝してます。

こんなにサポート頂いて、走れないのでは頭が上がりません。
すぐに速くなるものではないですが、ひとつずつやれることをこなして
フレームパフォーマンスに負けない走りを手に入れる事ができれば。。。
さ、乗りましょ!

sakana1971 | 気づき | comments(0) | - |
/ 1/1PAGES /